月が綺麗ですね

声優沼に突き落とされた舞台系ジャニオタの末路。

AD-LIVE初心者の感想と考察②~’16/9/10夜

 ネタバレしまくり深読みしすぎ妄想混じりの長ったらしい感想と考察、9/10夜公演についてです。

 

 この回はすっごく笑って楽しくて胸がいっぱいで、観終わったあと心がしんどかったです。良い意味で。それはもう極上なお笑い青春物語を目撃できたこと、ほんとうに幸せに思います。

 9/10夜公演は、てらしー演じるタナカと鈴さん演じるウエノのお笑いコンビ、「あっぱれ」のお話。てらしーは博士っぽいおじいちゃん姿で登場して、悪の組織「俺ばっかり」と戦うハリネズミの力を宿された変身ヒーロー「ウンナサスギ-」ことウエノサトル、という設定を鈴さんに与えます。が、メモリーバスに乗った瞬間、口調が一変して、この設定はすべてあっぱれのネタ中での設定だと明かすんです。…寺島拓篤にだまされた大賞2016!!!AD-LIVEの生みの親である鈴さんを混乱させるほどのぶっこみをかますAD-LIVE初挑戦のてらしー。恐ろしい。

 バスに乗って、ウエノに自分は芸人なんだと思い出させる件が好きでした。どーもーって出てきたり、バスが分離するのをボケに使ったり。そこ危ないからな、そこに立つなよ!って言うのも、キンキラの蝶ネクタイとジャケットも、お決まりだよなあと思いつつ、ベタな展開さえ面白くしちゃうのだから素敵です。

 ハイブリッドボケツッコミあっぱれの片鱗が見えた、沖縄の郵便局前も最高でした。このあたりの場面はずっと面白くてネタ満載で、観客はもちろん鈴さんまで、てらしー演じるタナカのペースに圧倒されているように思いました。てらしー恐ろしー…!バスに乗ってからは、ふたりともアドリブワードの引きが神がかってらして、お笑いコンビであることがすんなり受け入れられるというか、コンビらしさが見えてきて、とても好きな場面です。

 そしてゲストさんの登場。嫌な先輩ってキャラで進めようとするてらしーと鈴さんに対し、その設定にのってくれないゲストさん。ここ進まなくてハラハラしたのですが、タナカがウエノにその人物を思い出させたくないために誤魔化した、という話にもっていってらして、すごかったです。

 ゲストさんの役名はサクマ。あっぱれがトリオザあっぱれだった頃の3人目で、今はピンで売れてしまったという設定でした。3人でやっていた頃のネタをやる流れで暴走するタナカとウエノが面白すぎてもはや覚えていません(笑)アドリブワードをものすごい勢いで引きまくり、しかもしまわないw

 サクマがウエノに「俺は面白い」と叫ばせるシーンで、タナカは足を投げ出して座席に座って、やってらんねーみたいな顔をしていて。サクマとタナカの不仲さというか方向性の違いというか、どうしてトリオが解散したのかを暗に表現しているのだな、と。

 ここの3人でやっていた時代とひとりで売れていったサクマのことを、単純に嫌な思い出にするのは簡単だと思うんです。でもそうじゃなく、サクマは面白い、サクマは凄かったんだって認めた上で、自分は笑わせたって笑われたって笑顔が見たいし、面白いって思いながらやりたい、と語るタナカにきゅんとさせられました。

 ひとつだけ分からなかったのは、ウエノは今ただ眠ってるんだと言ったタナカの真意。ただ眠ってるということは病気や事故によって意識不明なのではないということ。でもその前に、ウエノはタナカに迷惑をかけているという台詞があったんです。お笑いに対して自信をなくし、お笑いを辞めたいと言っていることを指すのだと解釈したんですけど…うーん。あまり深い意味はないのかもしれませんが、行間読み大好きな考察厨としては気になるところです。

 ラストシーンは約束のお笑いコンテスト会場(オリンパスホール八王子)で再会するふたり。それまで金髪だったのに黒髪で登場するウエノ。ウエノ「ヒーローっぽくしてみた、うがい薬で。」タナカ「天才!」というとってもきれいな終わり方でした。

 

 わたしがこの公演に魅了された最大の理由は、実は、舞台上という状況を利用したかのように、鈴さんへの気持ちをまっすぐに伝えるてらしーにありました。それは確かにウエノに対するタナカの台詞ではあったけれど、「お前の天才的なアドリブが好き、ずっと近くで観ていたい」なんて、本音なんだとしか思えなくて。それ本音だろ??!?!?!って台詞の端々に、素が見え隠れする表情や笑顔に、楽しい好き!が溢れているように思えて、ほんとうに胸がいっぱいでした。

 アドリブとかエチュードみたいに台本がない演劇では、演者さんの素がどうしても出てしまうものだと思います。よく使う言葉だったり、動き方の癖だったり。だから、意識して自分自身を消す役者さんも多いはず。そんな中で、本人たちに被るような台詞をおそらく意図して発してきたてらしーは、ほんとずるいと思いました。そんなことされたら、寺島拓篤というひとに惚れるしかないじゃないですか!!!大好きです!!!

 

   AD-LIVEは特殊な舞台だからこそ、演じる側の人間力が試されるんだなと感じました。次は、9/25昼公演のライブビューイングに参加します。また全然違うシナリオが展開されるのがとっても楽しみです!