月が綺麗ですね

声優沼に突き落とされた舞台系ジャニオタの末路。

AD-LIVE初心者の感想と考察①~'16/9/10昼

 今年のAD-LIVE初日の公演を、昼は本会場、夜はライブビューイングで観劇しました。なんという贅沢。ネタバレしまくり深読みしすぎ妄想交じりの長ったらしい感想と考察を、忘れないうちに記したいと思います。

 

 9/10昼公演は、鈴さん演じるサカキとてらしー演じるヤスダの物語。ある事件をきっかけに心を閉ざし、KZウイルスの研究を止めてしまったチームリーダーのヤスダを救うため、マインドダイブを試みたサカキ。徐々に記憶を取り戻していくヤスダが、過去に自分が起こした事件の真相と向き合うお話です。

 舞台は最初、マインドダイブクイズショーという場面から始まるのだけれど、ここのわくわく感がすごい。観客と出題者からは回答者を演じる方のシルエットしか見えないまま、演者の設定が作り上げられる瞬間に立ち会っているというどきどきと、これから繰り広げられる誰も知らない物語への期待が、一気に上昇します。

 昼公演では、ラッパー姿で登場したてらしーが研究者にシフトチェンジさせられるところが面白かったです。「音楽遅えよ!もっとテンポの速い音楽くれよ!」を「医療の進歩遅えよ!」にすり替えるとは、なんという発想力…!

 物語が進んでいく中で、回収されない伏線があったのはちょっぴり残念でした。特に、バスの中で登場した「学生時代によく一緒にバドミントンして遊んだあの子(彼女)」。たぶんサカキとヤスダにとってはマドンナ的存在というか、大事な女の子だったと思うんですよ、口ぶりからして。そんな彼女がKZウイルスに感染したこともヤスダの心に影を落とす一因だったって話が出たので、ちょっともったいなかったな、と。てらしーはけっこう何でも拾って伏線を張っていくタイプで、少しひやひやしたところもありました(笑)

 キャンプ場からのバスの場面は重い空気で進んでいたので、ゲストさん演じるオオワダ先生がキラーキャラすぎてたまらなかったです。なんでも知ってるけどなんにも知らないオオワダ先生。オオワダ先生は既に亡くなっている設定にするてらしーには笑いました。かわいそうだよw

 ここで鈴さんのS心が疼いたのか、オオワダ先生への無茶ぶりタイムが勃発したんですが、なんとも最高すぎました。オオワダ先生の定番宴会芸オレンピック。超軽量上げ~からの砲丸撫で~、まさかのおかわりでお尻の肉を胸に持ってくる競技。謎すぎるずるい。客席も爆笑でしたが演者も爆笑で、おふたりともバスの座席に伏せっちゃって笑ってらして、かわいかったです。そういえばキャスト発表会のとき、ふたりともゲラだから、っておっしゃってたなーと思ったり。オオワダ先生に憧れていたヤスダが無茶ぶりを食らって、俺たち最高↑↑ってラッパー然としてオオワダ先生とサカキに絡むのもかわいかったです。

 引っかき回しているように見えて、研究室の風景と研究の先には笑顔があることを想起させるオオワダ先生(と、そうなるように仕向けたおふたり)はすごいです。

 ふろんちゅあー(小声)というワードを残し、ヤスダに白衣のボタンを留めさせて、退場するまで笑いをもぎとっていくオオワダ先生。あの世で待ってる☆はずるいです。

 ちょっと和んだ空気から、戦場へ。ここでヤスダを変えた事件が明らかになります。サカキとヤスダ、ふたりとも泣きに入ったあたりでラスト10分のアナウンスが流れ、どう収拾をつけるのかハラハラしました。でも後から思えば、バスの行き先は「涙」だったのだから、ふたりが揃って涙する場面があるのは必然だったのかな、と。

 「俺の時間は止まってたんだ。お前が俺の時間を動かしてくれた」(ニュアンス)ってヤスダの台詞がとても好きでした。オオワダ先生がぶん投げた時限爆弾ネタをそう拾うのか!と心をつかまれました。

 ボックスから出てきた人形は、滞在していた村でヤスダに懐いていた頭のいい「あの子」のものだったのでしょうか。特に言及はしないものの、事件の真相について語る間、人形をぎゅーっと握りしめるヤスダにぐっときました。

 自分の過失によって惨事が起きたこと、誰も自分を責めないのが逆につらかったこと、自分がまた研究に戻ってもみんなは許してくれるのかという不安。ヤスダが心を閉ざした理由を丁寧に紐解いていくところはすごかったです。これほんとにアドリブなんですか?ほんとに台本ないんですか???ってなりました。

 みんな許してくれるかは分からないけど、犠牲は大きかったけれど、それでも研究を続けて救える命を救わなければ、と言うサカキ。素敵でした。

 お互いに感情をさらけ出し合い、ありがとうとごめんを言い合ってからのハグは泣けました。背の高いサカキの方がヤスダに縋り付くようにハグしているのを観て、やっぱりヤスダはリーダーで、サカキは大事なリーダーに戻ってきてほしかったんだよなあ、と思いました。

 ラストシーンの空港でスーツケースを引いて待っているサカキ、現れたヤスダは心の中を表すラッパー姿のまま。「ありのままのソウルでKZウイルス根絶!」そして固い握手!!!の流れのすっきり感が最高of最高でしたし、あの場面での笑顔は心からのものだったと信じたいです。

 カーテンコールでは、おふたりの安堵した笑顔とハグとお手振りに癒やされました、ありがとうございます。リハより良かったと鈴さんに褒められて、やったー!って喜ぶてらしーかわいかったなあ。

 鈴さんのネタバレ説明への客席からの驚きの声、作り手側にはたまらんだろな〜、してやったり!な気分だろな〜、と思いつつ、わたしも驚かせてもらいました。ほんとに凄かった!!!

   

   もう二度と同じ舞台が上演されることはないAD-LIVE。奇跡の90分間を目撃できて幸せでした。夜公演の感想に続きます。