読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月が綺麗ですね

声優沼に突き落とされた舞台系ジャニオタの末路。

ジャニオタが声優さんに魔法をかけられた話〜キラフェス2016①


  しがないジャニオタが、キラフェス2016という素敵なライブの1日目に参加させていただきました。
  記憶が色褪せないうちに、感想なぞ綴らせていただきます。今回は各人の印象を。

・神谷さん
  しょっぱなメインステージに登場されたのが神谷さん。小6からジャニオタやってる私ですが、人生で初めてペンラを振った相手は神谷さんです。そう思うと震えますね。
  神谷さんは、画面を通して拝見する神谷さんと寸分違わずそこに存在されておりました。なんだろう、安定感がある。安心感もある。
  途中でリ◯ァイ兵長みたいな格好で出てこられた時には、進撃よく知らない私でも興奮しました。
  曲を歌ってハケ際の神谷さんの笑顔は、地球の危機を救えるくらいの尊さでした。元KAT-TUN田口くんの笑顔と同じくらいの癒しパワーを持つ笑顔でした。
 
・みゆくん
  歌が上手すぎて。メッセージ性が強い感じというか、ロックダンスしちゃう感じというか、その容姿というか、みゆくんはエイベックス感が強いですね。
  「I am I」のときに、愚痴からうまれた曲ですって笑ったあと、「でもこの道が好きだから」って仰っていて、みゆくんのファンはきっと幸せだろうなあと思いました。
  MCで江口くんとじゃれてる姿はただのDKでした、微笑ましい。同い年萌えしかない。みゆくんは塩だと散々聞かされてましたが、今回はちょっかい出したり出されたり、客席に手を振っていたり、とても楽しそうで、観ているこちらも楽しかったです。

・柿原さん
  2次元から飛び出してきたとしか思えないプロフィールの持ち主。実際に拝見した感想は、"あっさりした亀梨くん" または "ハイスペックな阿部顕嵐" *1です。
  柿原さんの曲は映像が凝っているものが多く、ご本人を観るべきなのかモニターを観るべきなのか、とても迷いました。「レッスンAtoB」の女装が完璧すぎました。どこぞの環奈ちゃんかと。
  ひし形フォーメーションの頂点に君臨し、ダンサーを従えて、自身は踊ることなく凛と立って歌い上げる姿。カッコいいの一言に尽きます。
  アンコールの「飛行機雲」で客席を巻き込んで合唱するのも、素敵でした。なんて良曲を持ってらっしゃるのか。
  とってもカッコいい柿原さんでしたが、一番心を掴まれたのは、蒸留酒を嗜んでいると仰っていたことです。たまらないです。
  話題になっている腹筋を見逃してしまったことが、唯一の後悔です。

・のぶくん
  キラフェス前と後で、一番印象が変わったのがのぶくんです。不思議っぽいふわっとした方だと思っておりました。が、カッコイイもカワイイも魅せつけられまして、やや困惑しました。素敵です。
  最初にモニターにお城が映った瞬間、儀式と言われる意味を理解しました。なんだか入国した気分になりますね、あれ。
  うぉんちゅーはズルかったです。しゃがみこんでカメラに向かってちゅーなんて。カメラアピール控えめなキラフェスに於いて、のぶくんのあざといカメラアピールは輝いておりました。
  アンコールにてTrignalを翻弄されている姿、MCで江口くんに向けた絶対零度の視線、忘れません。素敵でした。

・浪川さん
  登場時はロックスターだなあと思っていたのに、終わってみれば愛されるおっちゃんに印象が変わりました。みゆくんとのぶくんに両側からいじられている所、かわいかったです。
  「UTAO」はとってもハッピーな気分になりました。
  アンコールで神谷さんに走らされてヘロヘロになりながらも、激アツな曲を届けてくださった勇姿は最高でした。ぐるんぐるん回ってらした。降りてきてよっちんさんに心配されるところ。最高でした。

・Trignal
  最初に言いますと、わたしはTrignalに落ちました。ありがとうございます。
  1回目の登場のときは可愛らしい曲のチョイスで、とても癒されました。かわいい〜しか言ってなかったし、口角は上がりっぱなしだったと思います。江口くんとウイングさんの身長差って萌えしかないじゃないですか。好きです。
  2回目の登場で、「Kiss Plus」のイントロが鳴り響く中、メインステージに3人の姿が見えた時。あ、わたし今からこの人たちに落とされるな、と思いました。案の定落ちました。ありがとうございます。
  ダンスのクオリティを持ち出すと普段応援しているジャニーズの人たちの方が断然上手いはずなのに、歌い踊るTrignalがわたしの目にすごくすごくカッコよく映って、これが惚れた弱みか、と。
  バクステ近く下手側のスタンド席でしたので、バクステで「MISSION」が流れ始めたときは本当に嬉しかったです。ずっと良平さん観てました。
  3回目の登場でバラードを披露されていたときは、Trignalにバラードのイメージが無かったので、聴き入ってしまいました。ただ、歌詞が飛んじゃって、ごまかす江口くんはかわいかったです。
  MCのことは長くなるので次回にまわさせていただきますね。

よっちんさん
  本編最後の挨拶。これにつきます。聴きやすく心に染み込んでくるような良い声で、「長いと思っていた時間も瞬間の積み重ねであり、終わることは始まることだ」と説かれて、よっちんさんのこと好きにならない人なんているのでしょうか。わたしは今から卒業するのか、これはお世話になった担任の先生の最後のHRなのか、というくらい感動しました。
  パフォーマンスでは、ご一緒にわっしょいわっしょいできて楽しかったです。

以上、感想第一弾として、投下させていただきます。
  
  
  


*1:あべあらん、ジャニーズJr. TravisJapanのメンバー。周囲からイケメンと称される期待の星。