月が綺麗ですね

声優沼に突き落とされた舞台系ジャニオタの末路。

『Touch the Dark』感想~'17/8/28/15:00(10公演目)

    日本初の本格イマーシブシアター、『Touch the Dark』の感想を書きました。こちらは2017年8月に行われた初演時の感想になります。

 

 

 

    ダンスカンパニーDAZZLEさんのイマーシブシアター『Touch the Dark』に行ってきました。イマーシブシアターって、没入型演劇って訳し方するんですね。「観劇した」というよりは、「見てしまった」「目撃した」「体験した」って言葉の方がしっくりくるような作品でした。ヤバかったです。いちいちヤバかった。以下、深読み妄想含むネタバレおよび備忘録ですので、閲覧の際はご注意ください。

 

 

 

 チケットを買うまで会場の詳細を知ることが出来ない点から既にドッキドキです。そもそも、会場は劇場ではありません。廃病院一棟すべてがDAZZLEの世界に変貌を遂げていました。廃墟というわけではなく、管理されている建物のようですが、調べたところふつうに心霊スポットらしくて笑いました。まじもんじゃねえか。

    入るとチケット番号と名前を確認され、院内案内図と注意事項を受け取り、荷物を預け、代わりに貴重品入れのナップサックとマスクを渡されます。色はどちらも黒。このナップサックにアルファベット札が付いており、同じアルファベットが記されている椅子に座って開演を待ちます。ちなみにわたしは一般席Bでした。ていうかここの受付のお兄さん、一輝さんじゃなかったです?一輝さんでしたよね???

    待合室の時点で世界観に取り込まれてすでに楽しかったです、黒マスクの観客集団けっこう怖い。15分前に1回目のアナウンスが入るんですが、これ達也さんなのかな〜〜定かではないけど良い声でした(礼拝)

 

 定刻15時頃、患者が待合室に現れます。みんな一様に怯えて落ち着きがなく、精神病患者なのかな…と思っていると、看護師たちが登場。注意事項のアナウンスが再度流れ、内容に合わせてアクションをされるのですが、指の差し方ひとつとっても、皆さん身のこなしが美しくて惚れ惚れしました。あとブルゾンちえみ似の看護師さんがいらっしゃって、院内ですれ違う度(アッちえみ・・・)って思ってました。

    一通り注意が終わると、回診の時間。白衣を纏った院長先生を筆頭にDAZZLEメンバーが登場します。ここのダンス、入れ替わり立ち替わり目の前で踊られるのでわりとビビります。近い。間近で見ると無意識のうちに身体の動かし方とか確認してしまって、自分の変態度合いまで確認する羽目になります。ありがとうございます。

 

    オープニングアクト(?)後、アルファベット毎に放送で指示を出され、移動を開始。いよいよ物語が始まります。

 

    感想を一言でいうと、フェティシズムを容赦なく攻撃されて意識が朦朧としてくるって感じですかね(言い方)

    これ鐘が鳴ってルート分岐するまでは全員シナリオ一緒なんですか???観る順番が違うだけ???プレミアムの人だけ違うんですかね???だって院長室の前でルート分岐したじゃん???え???もうわかりません!!!とにかくダンスがヤバすぎてこの人たちこの世のもんじゃないのかなって思いますよねわかる(?)

 

    失礼しました取り乱しました。順を追って感想書きます。

 

    いちばん最初に連れていかれたのはナースステーション。ここで繰り広げられるのは電話のダンス〜〜!アッ好きなやつ!ってなって嬉しかったです。間近で見るとその複雑な振り付けに度肝抜かれました。

    次がロッカールーム。浩一郎さんに促されて部屋の中まで入って観るの、なかなかに戸惑いがありました。キャストさんが直接観客に接触する、ということに慣れてなさすぎる。シンジさんのダンスめちゃめちゃ堪能できまして、本当にありがたや…!

    終始ダークでファンタジックな世界なのに、ロッカーの名前に遊び心が炸裂されておりました。とりあえず低田さんと綿鍋さんと日焼さんは確認しました〜〜日焼さんのパーカー着ました〜〜えっへへ

 

    次がたぶん3階病室、だったと思います。患者さんのダンスが好きでした。うまく言えないけど、なんかふつうじゃない。逃げ出そうとして捕まってお注射キメられた一輝さんの目が完全にイっちゃっててうおお…ってなりました…!カーテンの使い方がとても巧みで流石はDAZZLEさんだなあ、と。

    あとこれはとても個人的感想なのですが、診察に回る院長先生ドエロかったですよね?頭とか頰とか触る手やばかったですよね?穿った見方をしてしまって申し訳ないけど!!!

    ここの場面終わった時、プレミアムシートのお客さんに目線合わせてから「僕に付いてきてください」って言った院長先生、マジでヤバかったです、、、

 

    院長先生に連れられて移動している途中、院長室の前できんたさんに止められて、院長室へ入るように促されて、そこでお嬢さんのカルテと前の院長の顔が潰された写真と、奥さんとお嬢さんと3人で映る院長先生の写真とかを拝見。「あの子の部屋を院内に再現した、喜んでもらえると嬉しい」ってメモもここでした。周囲を気にしながらドアを開け閉めするきんたさんの目力にドキドキしました。距離が!!!近い!!!

 

    そこから出たあとどこですっけ、ペンキ塗ってる患者さんを見て、手術室入って、あの子の病室からのヒデさんの個室ですかね…記憶が曖昧で申し訳ない。

    これだけは言わせてください、キャストのみなさん手が美しすぎですなにあれ、手術室やばくないです???DAZZLE独特のあの手振りをあのアングルで見る???最後には院長先生にお注射打たれちゃう???プレミアムシートのお客さんしんじゃいませんか???大丈夫ですか???わたしは観てただけにもかかわらずけっこう脳が溶けました。

    ヒデさんの病室に来る看護師はユーキさんでした。ハイここちょっとにやける所です。観客に紛れてこっそり忍び込んできた患者さんがユーキさんの目を欺こうとするけど見つかっちゃうのですが、ここのかくれんぼみたいなダンス好きでした〜!スピード感あってかっこいいのにかわいくて!患者さんが見つかっちゃったときのヒデさんのやれやれって顔が印象的です。かわいい。ここで初めて、あの子の部屋の話が患者側から出たんだったはず。

 

    病室を出たあとは、あの子の部屋に通されました。綺麗でお姫さまの夢みたいで悲しい部屋。ここで初めてあの子に遭遇して、真っ赤な薔薇の花びらを渡されて、それから地下室に向かいました。

 

 地下室に誘導されて初めて、ドレスコードの意味を悟りました。そうか、わたしたちはお嬢さんのお葬式の参列者だったんだな。あの場面では達也さんだけが黒い服を着てマスクを外していました。院長の顔じゃなくて父親の顔なんですよね。

 キンタさんに献花するよう指示されて、わたしにはあの目力から逃れるなど到底無理でした。花びらをひらひらと散らすことも上手くできずに、そっと置いてしまいました。ちなみに鐘が鳴ったあと、地下の一室に落ちていたものを一枚拾いました。

 

 ここで見たものは、なんというか、上手く言葉に出来ません。というか言葉は要らないんだと思います。悲しみと狂気のかたまり。

 

 一度暗転して、鐘が鳴って、自由に院内を移動できる時間になります。今回のTtD、「謎解き」という大きな要素があるのですが、わたしは一度しか来院できなかったこともあり、謎解きは諦めてただ自由に動くことにしました。

 

 目が足りないはよく言うけど、リアルに身体が足りなかったです。そういえば院長先生とエレベーター乗ったわ……はあ意味がわからない、白衣腕まくり最高です

 

 キンタさんルート、ICU(?)で院長(達也さんじゃなくて浩一郎さんだったけど、院長なのかな、違うかもしれない)と話し合うってなるのですが、ここのダンスの表現が凄すぎました。二面で展開するのやめてほしいです目が足りない最高。そのあと喧嘩別れみたいになって、からの隠し部屋をバァン!!!って開けて荒々しく捜索するんですけど、まじ色気と目力でどうにかなるんじゃないかと思いました、マスクがあって本当によかった、わたし終始ニヤニヤしてたと思います、だって目が合うどころじゃないんですよわかりますか、至近距離で憧れのダンサーさんが演技し踊ってるんですよわかりますか、わたしはわかりません。

 

 地下に降りた時、途中で出会ったお嬢さん(ちなみにめっちゃいい匂いする肌きれい細い可愛い)を追っていたら、脳内分泌物質投与の過程を記録する院長先生の映像を目撃し、一輝さん主催(?)の謎のパーティに誘われてしにました。

 

 記録映像の中で院長先生、「あの子が現れているらしい」みたいな言い方をしていて、いや知らんのんかーいってなりました。「ナース達が気味悪がっている」「あの子の精神が実態となって現れている」みたいなことを言っていて、院長先生がヤバい人体実験してるんだと思ってたんですけど違うっぽい…?あとはアレです、「出現するたび年齢が違う」って言うのがよくわからなかった。何歳設定なの…?最後の映像で院長先生が話してるとき、後ろに映っているお嬢さんの腕が上がっててふええってなりました。あれはなかなか恐怖体験でした。
 映像が流れている間、お嬢さんは椅子に座って薔薇の花びらを使って手遊びをしていて、そのうちの一枚が服に付いたまま、立ち上がったらひらひらと落ちて、綺麗だなあって思いました。

 

 謎のパーティは圧倒的ダークファンタジーな世界で、とってもDAZZLEワールドって感じでした…!地下の突き当たりに派手な照明で明るめの音楽が流れている明らかにおかしい部屋がある…?と思ったら、バーカウンターとテーブルがあって、頭部だけ動物の人間(なのだろうか)が踊っている訳ですよ。食器を用いたダンスは、カトラリーをまとめてガシャってお片付けするお嬢さんが可愛かったです(笑)そのあと奇抜な色のカクテルのようなものを出されるのですが、お嬢さんは飲むのを拒んで出て行ってしまうんですね。からの、てめえら飲もうぜって誘われるんすよ、正装の鳩とうさぎと馬に。怖いよ、、、

 なんなんだあの飲み物、青色のを飲んだんですけどアレ?赤と青と黄色って、隠し院長室にあったアドレナリンのカラーがなんちゃら〜ってやつ?カクテル(たぶん分泌物質のこと)はICUで作られるってメモをどこかで見た気がするのですが、わたしヤバいもん飲まされたんですかね?桃みたいな味したけど

 openをcloseに変えてカップを回収して部屋から出るように促す一輝さん素敵でした、カッコいい…!

 

 謎のパーティの部屋を出たあと、地下の裏の通路沿いの狭い部屋で院長先生が項垂れているのを目撃して、部屋の前を通り過ぎたところで二度目の鐘が鳴り、扉が開く音がしたので振り向くと、憔悴したような院長先生が部屋から出て棺に寄り添って蹲るのを見てしまい、いたたまれない気持ちになりました。

 院長先生に向かって看護師さん達が責めるように指差しているのを見るのは心がしんどかったです。このときは院長先生だけがマスクをしていて、他の皆さんはマスク無しでした。

 この最終場面でのダンスは、空気が張り詰めていて渦巻く感情が重くて、近さも相まってか迫力が凄まじくて、あぁ…美しくて強くて悲しいなあ…ってなります。語彙力の枯渇。

 それまで争うように激しく踊っていたのに、突然看護師さんたちが動きを止め、倒れ込みます。推しが目を見開きながら、口から真っ赤な薔薇の花びらを溢れさせて事切れるという瞬間を目撃してしまい、合掌……こんな日が来るなんて予想もしなかった…なんてジャンルだ……

 

 ゆっくりと部屋に入ってきたお嬢さんは、何の躊躇いもなく棺桶の方へ歩みを進めます。院長先生はお嬢さんの頬を手で包み込もうとするけれど、お嬢さんに制されて、何かを耳打ちされて、立ちすくんでしまう。そして自ら棺桶に入ったお嬢さんに狂おしく手を伸ばそうとするのだけれど、結局は院長先生自身の手で棺桶の蓋を閉めて、灯油のような何かを撒き、火を点けて、暗転。

 流れるラジオの音声が舞台となった病院(もとい医療施設)が火事に遭ったことを告げ、明転、棺桶の上に Fin. と書かれたボードが照らし出されて、終演です。

 

 きっと最後にお嬢さんが告げたのは「ママにあいたい」なんだよなあ、真っ赤なクレヨンで書き付ける本音なんだよなあ、お嬢さんを此の世に留めていたのは院長先生のエゴだもんなあ……悲しい…

 

 単純に、あんな現状復帰とメンテナンスめちゃめちゃ大変そうな舞台を1日3公演とか4公演とかやってるの凄すぎて尊敬します。演出は天才すぎるし、動線がとにかく複雑で、本当にすごい。Q出しQシートは一体どうなってるんだろう…?というかそもそも音響照明どうやってるんだろう…?DAZZLEさんの公演観る度に、出演者さんたちの正体は人間じゃないのでは、ってわりと本気で思いますけども、スタッフの皆さんも超人揃いなのか…!

 半券なくて寂しいな~って思ってたら診察券いただいてしまってウェイウェイってなりました。

 

 

 まとめるまでに長いことかかってしまいましたけども、以上がわたしにとってのTtD初診の感想でございます。10月の再演にて再診していただいたので、そのときの感想はまた後ほど書ければ…いいなと思います()

 閲覧ありがとうございました!

てらしーのこと〜おれサマー感想④

 すでに開催から3ヶ月近くが過ぎ、お前いつの話してんの感が否めませんが、おれサマー2日目の寺島さんのことを書き残しておきます。主観的記録メモですので、閲覧の際はご注意ください。

 

 ちなみに、おれサマー2日目のてらしーパートを除くまとめはこちらでございます。

 

preferenze.hatenablog.com

 

 

 

 ゲストパートのトリ、みっちゃんおじさんの最後の曲『かわいいオシリ』の途中で現ホストメンバーが登場し、みっちゃんおじさんと共に盛り上げた後、そのままステージ上でアフタートークに入ります。

 ここで「僕の大好きなおれパラの図」を手で作ったフレームに納めて笑う寺島拓篤さんずるい、と思っていたら小野さんがてらしーに絡んでふざけ出して、みっちゃんおじさんに乳首つねられるの巻。元末っ子と現末っ子が元リーダーに怒られてるのハートフル以外の何物でもない。

   「15周年20周年って(おれパラを)やったら、てらしーがリーダーかもしれないね」ってみっちゃんおじさんが言ったときにスクリーンに抜かれた寺島さん、なんとも言えない複雑な表情で、心がウッ…ってなりました。「ここ(鈴さんポジ)に畠中祐かもしれないね」って言う鈴さんと「ここ(森久保さんポジ)に小野友樹どう?」って言う森久保さん、「そんなの俺はどうしたらいいんですか」って小声で言ったの聞こえてたよてらしー…!お兄さん方がそうやって盛り上がっている中、少しの間黙って話を聴いていて、発した言葉が「(もし自分がおれパラリーダーになったら)そのときには光央さん来てね?!」ってなんだよ〜〜もう~~そして「もちろん」って返すみっちゃんおじさん~~!

 

    この件で既に心がしんどかったのですが、この後のホストパートで完全に取り乱すことになります。

 

 buzz★Vibesの直後に始まるホストパート。1日目が鈴さん→小野さん→てらしー→森久保兄さんの順番だったので、予想はてらしー→森久保兄さん→鈴さん→小野さん、でした。現リーダーの小野さんでおれサマー二日間を締めるのが順当で、兄さんはb★Vがあるし、トップバッターてらしーなのが収まりが良いだろうと。

 ステージにスタンドマイクが準備されていたこともあり、一曲目ビビナイかな~?と思ってワクワクしていたところ、登場したのは森久保兄さんでした。

?!

 まあ、でもそっか、せっかくの夏フェスだからな、兄さんの一番風呂はテッパンだよな~!って納得しつつ、兄さんに全力で抱かれました(語弊がある)

    じゃあ2番手がてらしーかな、って思っていたら、2番手で登場したのは鈴さんで。

???

    1日目てらしー3番手だったよね?あれ?今日も3番手なのかな?そんなことある?おれサマーだからイレギュラーなのかな?って思いながらも、ここではまだ小野さんがトリなんだって思ってました。

    3番手で登場したのは、現リーダー小野さんでした。

?!?!!!?!!!!

    えっ?えっ?!?!えええ!!!じゃあだって、え、てらしーが大トリじゃん、え、待って待って無理無理無理!!!!!

    まじ混乱の極み。

    そんな取り乱した状態でもすぐROSA踊れたしキスキスも踊りましたからねオタクすごいね(自画自賛)(?)

 

    そして、楽しくてアツくて最高にパラダイスだった夏の二日間の大トリに登場したのが、寺島拓篤さんでした。

    以下、推しフィルターのかかり具合がすごいのでご注意ください。要約するとてらしー最高大好きしか言ってません。

 

 

   「寺島拓篤が未来のおれパラリーダー」っていうイメージが明確に打ち出されたステージに違いないと思いました。

    誤解を恐れず言うと、現リーダー小野さんのステージで一旦おれサマー終わったでしょ、てらしーは未来のおれパラリーダーという影を背負って、これからのおれパラのためのステージだったとしか思えない!!!ハァ!!!!好きッ!!!!!!

    煽って煽って盛り上げて、だってもうリーダーの風格でしたもん……「まだいけるだろ!ラストだぞ!そんなもんか!」って煽りまくるのたまらなく好きでした。どれだけ飛んでも声出してもまだ足りないって言われてこっちもヒートアップして、これが寺島拓篤のライブなのだと思い知りました。冬のおれパラで見たてらしーとは違う人だった。

 

    おれサマーまたやりたいよなぁ?!みたいな煽りしてイェー!って言う客席を背に、カメラに向かって「聞いたかランティス!!!」って言うのサイコーに好きでした。昨日あんなにレーベルへの感謝を口にしといて、次の日には宣戦布告みたいな言い方で次の開催をファンと一緒に望んでくれる。大好き以外の何物でもないです好きです。

   

    セトリは以下の通りです。

・SCARLET SIGN

・Architect

・HERO

    スカサイアーキテクトヒーロー、上がる曲ばっかで締めるところがたまらなく好きです天才か。ていうか一曲目スカサイなのずるくないです?!?!??強すぎか!!!?!

   「REBOOTツアーのラストをここでREBOOTします」って言われて泣きました。実はわたし5月7日ZeppTokyoのチケット持ってたんですけど、どうしても外せない用事が入って泣く泣く手放していたので、ほんとに嬉しくて!!!

 

    さすがに会場も暗くなっていてキンブレ点けてるお客さん多かったのですが、一曲目始まったところでは黄色が多くて、ちらほらスカサイの赤が混ざってる感じだったんですね。そしたら曲中でてらしーが「真っ赤に染めるぞ!」って言って一面真っ赤になって。普段そんなこと言わないキャラなのに珍しいな〜って思っていたら、曲終わりMCでまっすぐ前を向いて「岩田さんの赤をお借りしました」って、ずるい…!

 

    岩田さんに捧げるスカサイ、自身のスタートであるArchitect、おれパラホストに敬意を表したHEROだったのかなあなんて。

   ぶっちゃけ1日目はね〜岩田さんのことそんな意識してないのかな〜〜って思ってたんですけどね〜〜そんなことなかったよね〜〜2日目のセトリしんどいです。

 

   HEROとても上がる曲なので、直後は楽しい楽しい大好き!って気持ちだったけれど、改めて歌詞に添いながら曲を聴いたときの、ブワァッて感情が溢れ出てくる感覚すごかったです、ハァ〜〜ずるい、、、

   「寺島拓篤 HERO 歌詞」で検索して歌詞読んでいただきたい…!憧れの存在に出会って自分が変わって、憧れの人の背中を必死に追いかけて、いつの間にか自分は自分らしい輝きを身につけていたけど、それでもまだまだ高みを目指すから、いつか追い越してみせるから、だから見ていてほしいって、そういう曲なんですよ。

    いや、みっちゃんおじさんや他のおれパラホストに対する寺島さんの気持ちじゃないんですかコレハ……(墓)

    まあ、後日のユニゾン!にて「ロックテイストで盛り上がる曲を選んだらああなっただけで、深い意図はないです」っておっしゃっていたけども!!!夢をみさせてください!!!

    たとえ深い意図がなかったとしても、yeah!って言いまくってタオル回しまくって飛びまくって、しぬほど楽しかったんですよ〜〜ほんとに〜〜泣いてもよいですか??????(実際半泣きでした)

 

 

    この日のてらしーのステージのことをわりとずっと引きずっていて、なんだかんだ今日まで言葉にできなかったのですが、とにかく最高でした!!!ってことを伝えたいので文面に起こした次第です。

 

    駄文の極みで申し訳ないです、ここまで読んでいただきありがとうございました!

    気づけばおれパラ10thが近づいてきましたね!あの楽園がこの先もずっと続くことを願いながら、終わりの言葉とさせていただきます。

 

    寺島拓篤さんは最高だよ!!!!!!

 

夏の思い出~おれサマー感想②

 

 2017年7月15日・16日に富士急ハイランドコニファーフォレストにて開催された、おれパラ10th Anniversary~ORE!!SUMMER~に参戦して参りました。こちら、二日目の感想でございます。フィルターかかりまくり自分用長文メモですので、閲覧の際はご注意ください。がっつりネタバレです。

 

 

◯開場前

 1日目の状況から物販を諦め、9時にチェックアウトして、お宿の方に富士急ハイランド駅まで送っていただきました。タクシー代が浮いたのとてもありがたかったです…!園内を散策して、瞳孔開いてるトーマスにびびったり観覧車乗ったり甘いもの飲んだりしつつ、11時30分頃コニファーフォレストに到着。1日目よりも早い時間から混んでました。肉巻きドッグが美味しかったのでまた食べたいです。(作文)

 日帰りで来ていた友人たちと合流したあとは、祝い花を見たり場外トイレ向こうのスペースでお手紙書いたりしてました。なんというゆったり感。

 2日目も1日目と同じく、スポドリ500mlとお茶500mlを持参。この日は暑さよりもお天気の方が心配だったのですが、結果的にはどちらも大したことなくてほんと良かったです。

 

◯開場~開演

 出演者さんや魔法少女くるみのPVがちょこちょこ流れる仕様は変わらず。2日目にして「目をォ潰せばッたいがいの動物は破壊できる」(C.V.小野大輔)が脳裏から離れなくなりました。

 

◯United Flag

    昨日の1時間押しを踏まえてか、挨拶短めでした。てらしーが腕時計トントンしてるポーズして兄さん方を急かしてるのすごいかわいかったです。小野さんが「もっと熱くして帰してやるよ」って言ったの最初の挨拶でしたっけ?どエロかったです。

 

小野友樹

・パーティーマンメドレー(Party Night、潮騒の唄、ターザンNight)

 まじで登場から楽しくてびっくりしました。おのゆー最高か〜〜パーティーマンメドレー楽しすぎか〜〜ウンバッバ〜〜!!!初っ端から3曲がっつりパーティーマンって、突沸感ある。すごい。なお、3曲ともYoutubeLantis ChannelさんでMVを観ることができます。夏の思い出に浸りたくなったとき、度々聴いてます。ありがとうございます。コーレス面白いしネタ曲み高いのに、イケボと圧倒的歌唱力のおかげで変な気持ちになるところまでがワンセットです。ていうかおのゆー身体能力高いんですね、ダンスキレッキレでした…!

 歌い終わってから客のフゥ〜〜が止まらなくて、一言も発さないまま煽るおのゆーサイッコーでした。冷静に考えて客席、ゲスト一人目のテンションではなかった。

・BLACK or WHITE

 ロック曲やばめでした。イケボすぎてしぬシャウトえげつな〜〜フゥ〜〜!!!いや本当に、シャウト凄かったんですよ…おのゆーの喉どうなっているんだ…

・アフタートーク
 酒池肉林マン(ドンキで調達したらしい)と谷山紀章さんお誕生日おめでとうございます(この時点でまだ一ヶ月ある)しか残らなかったアフト。鈴さん「なんで紀章に憧れててそうなっちゃったの?」www

 

畠中祐

 ダンサーさん引き連れて登場した畠中くん、とてもカッコよくてざわつきすごかったのに、喋り出したらあまりのアホかわいさに別のざわつきが生じていました。

・STAND UP

 ほんっとにお歌が上手くていらっしゃる…!伸びやかな声が野外に映えていました。あとダンスが上手すぎてん゛んッってなりました。「STAND UP この声に乗せて」のところの右腕の動きが好きです。『STAND UP』、めちゃめちゃカッコよくて爽やかでフレッシュで、ライムレモネードって感じの曲ですよね…(?)

 からのMC、畠中くん「お水飲んでもいいですか〜〜!」\いいよー!/

・Starter

・アフタートーク

 ステージ上では気張っていたそうですが、舞台袖に戻った途端、おたおたしながらふわぁあ(´;ω;`)ってなってて、ホストの皆さん爆笑しながら可愛がってらっしゃった…寺島先輩にすがってるの可愛すぎでは……?トイレで「ヤバイヤバイヤバイ」ってなってた畠中くん…「過呼吸☆」ではけていく畠中くん…推すしか

 

下野紘

 下野さんの曲のギターソロ(?)がどれも超絶技巧なんですけど、全部けんじさんのパートで、その度にけんじさんの手元がアップになるので度々しにました。ありがとう下野さん。

・Running High

 下野さんといえばふわふわいじられキャラのイメージが強いので、歌ってるときのロックな感じに慣れなくて、最初どぎまぎしてしまいました。前の席のお嬢さんがしもんぬクラスタさんで、わあぁ…!ってなってらっしゃて可愛かったです。

・ONE CHANCE

 「この手でONE CHANCE」のところで人差し指突き立てるの最高でした~~!今まで気づかなかったけれどとてもフェス向きな曲で、すごく盛り上がりました!!!

・Pleasure

 タオル回しめっ楽しかったー!煽ってヒートアップしてそのままのテンションではけていく下野さん-!

・アフタートーク~かき氷こめかみキーンby河口湖

 もはや恒例の即興歌唱ですありがとうございます。かき氷こめかみキーンby河口湖、そして爆発する富士山。軽妙なリズムとメロディに、てらしー「そういうパターンもあるんだ」この曲、合いの手入れられるね?って息ぴったりの兄さんと鈴さんなのでした。楽しそうで何よりです~~おじさんかわいい

 

Screen Mode

MYSTERIUM

 なんとなくヤバい宗教感あって好きしか…!変則リズムのところめっちゃ黒ミサでした。流石スクモさん、フェス慣れ煽り慣れされてる感じがあって、めっちゃ楽しかったです!!!クラップ最高でした。

Reason Living

 文スト2期のOPテーマって言った瞬間の歓声すごかったです。やっぱりタイアップ強いなあ。疾走感がカッコよくて、まささとゆうくんが向かい合ってガンガン弾いて歌うのすっごい好きです。

・MC

 やたら噛むゆうくんカワイイね?そして冷静にツッコんでくるマササね?ゆうくん「ホームで先行販売!」まささ「ホームページでしょ」あーこれは、すごく好きなスクモの図ではないでしょうか???好き

極限Dreamer

 「君はシューティングスター」って聞こえるのほんとは「Give your shooting star」だって知って震えてる…超絶かっこいい…言葉遊び素敵…!おれパラ2015のDVDで知って以来、生で聴いてみたい曲だったので嬉しかったです。

 さんっざん煽って歌ってめちゃくちゃカッコいいのに、ばいばーいってはけていくゆうくん可愛かったです。

・アフタートーク

   ゆうくん、アフトでも天然いじりされてらしたかわいい。スクモさんの途中で弱い雨が降ってきたことに関して、晴れ男を自認していたのに…ってしょんぼりする雅友さんかわいかった〜そして、まささのせいじゃないから!この後の人のせいだから!って言う楽しそうなホストメンバー(笑)

 

 皆さんお気づきでしょうか、ここまでパフォーマンスしてるときとそれ以外のときのギャップがやたら激しい人しか登場していません。

 

岩田光央

 みっちゃんおじさん=伝説が証明されたステージでした…!あんなに素敵な雨、きっともう二度とない。というか、雨をポジティブな演出に変えてしまうみっちゃんおじさんが素敵です。

グラスホッパー

・ウェイクアップベイベェウェイクアップ!

    セトリ変更無しだったので、1日目よりコーレスの声が大きくて、会場全体ノリが良くてとてつもなく楽しかったです!!!

・かわいいオシリ

   お尻振るのに最後まで抵抗するけんじさんかわいいね〜?需要理解しておられる(合掌)途中で出てくる現ホストメンバーの表情が良すぎてですね、、、ほんっとに楽しそうなんですよ、、、泣いてしまう

・アフタートーク

   『かわいいオシリ』終わりで見事に雨が上がって、森久保兄さん「ケツ振り終わったら雨も降り終わるってなんなの???」

   みっちゃんおじさんの出番に雨が重なったことを出番前に裏で散々いじられたらしく、雨が上がったことで鼻高々としたみっちゃんおじさんに「鈴村さーん?」って呼ばれた時の不服そうな「はーい?」がすっごい子どもみたいで、鈴さん〜〜!(言葉にならない萌え)裏でのいじりようを暴露されて、各々にバツが悪そうな顔する現ホストメンバーめっちゃかわいかった〜〜!

   ここでね、未来のおれパラの話が出たんですけど、その話とここでの寺島さんのことは、後ほど別記事で書きたいと思います。

  

◯buzz★Vibes

・Screamin' 2night

   バズバイブスしぬほどすきです、バズバイブスさんの出番がいちばん夏フェス感あったな〜〜パリピ最高です〜〜ウェイウェイ。わたしショルキー好きなんですよ、悶えました。曲名の綴りまでパリピ感すごいですねたまらん。

 

森久保祥太郎 

    スタンドマイク出てきたからビビナイかな?!ってワクワクして踊る準備をしていたのですが、まさかの兄さんが一番手で心が忙しかったです。そうですよね、せっかくの夏フェスで兄さんの一番風呂が無いはずないよな!!!ハァ〜〜森久保祥太郎のオンナになりてぇ〜〜(語弊しかない)

 ・PHANTOM PAIN

 1日目から継続して、兄さんのオトナの色気がとてつもない。サングラスかけてギター弾きながらスタンドマイクでロックナンバー歌うって、もう、なんなんだ勘弁してください好きです。

・Parallel World

 兄さんのライブ行って頭振って拳突き上げたい衝動に駆られる曲です。

・SUNSET RADIO

    一週間を英語で言うやつ〜〜!(言い方)すごく好きな曲を夕暮れの空の下で聴ける贅沢〜〜!どこまでも声が響くような野外の会場でコーラスができる心地良さ〜〜!「声を聞かせてよ」って歌ってもらえるの、きゅんとします。最高のweek endになりました…!

 

鈴村健一 

    セトリが良すぎてめちゃめちゃ楽しくて、楽しさのあまり泣きそうになるっていう体験をしました。鈴さんは野外ライブが似合うっていう自明の理。

HIDE-AND-SEEK

    イントロドンでテンション爆上げでした。ゔああ〜〜みんなで笑ったりしたかったんだよおおおお!!!セトリに選んでくださって感謝しかないです。何度聴いてもいつ聴いても、優しくて強い歌声と歌詞に、心の底の方からじわじわ励まされる。あの広ーい会場で「もういいかい」「みんなで笑ったりしたい」って叫ぶことができて幸せです。

ミトコンドリア

    空を超えて宇宙までも突き抜けていくような曲。実はおれサマーで初めて耳にしたのですが、それから度々聴いているお気に入りになりました。深いラブソングでありながら盛り上げ曲っていうバランスがすごい。凄くすごい。

SHIPS

    ここまできてラストに『SHIPS』ってもう言うことない。最高です。おれサマー実質タダでした。

 

小野大輔

    流れ的に、この日の大トリは小野さんだろうと勝手に思っていたので、まさかの三番手でのご登場に狼狽えました。エッだって、ということはてらしーが大トリ…?エッ!?!?そして混乱したままめっちゃ踊りました楽しかったです。さすがDワールド。

 ・ROSA~Blue Ocean~

    しょっぱなROSAでもう既に世界観仕上がってます。「Ah 熱帯夜」のところの盛り上がりが好きです。小野さんの歌声が色っぽいです。でもやっぱりチームDの女の子たち見ちゃう。ごめんね小野D。

    ROSA終わりで衣装トラブルがあったらしくサカナちゃんが一旦袖にはけたのですが、その時にちょっとふざけた後で「ほんとに大丈夫?」って心配そうに下手袖を見やる小野さんにときめきました。お顔が優しすぎた。からの「小野Dの〜Dは〜だいじょうぶっのっD〜〜!」

・Kiss Kiss Kiss

    「みんなもっと踊りたいよねー?!」っておれパラじゃ小野さんしかできない振りが炸裂して、それに応えて客席の熱が上がって、からのキスキス〜!キラーチューンにも程がある〜!若干ネタ曲みたいな扱いされているので忘れがちですが、キスキスめちゃめちゃセクシーですよね…!キスキス踊ったのでわたしもチームDです。ありがとうございます。

・花火

    上からな言い方になって申し訳ないですが、今までのおれパラとこれからのおれパラのことお話しする小野さん、とても頼もしくて、リーダーだなあって実感しました。

    歌詞、進学して関東出てきて無い頭でいろいろ考えて今まで来た自分に重ねたら泣きそうだったので、何も考えないことにしました。小野さんカッコイイ〜〜って思ってました。小野さんはカッコいい。

 

寺島拓篤

・SCARLET SIGN

・Architecht

・HERO

    寺島さんのコーナーは後ほど別記事で上げるので、ここでは割愛します。もうほんっと寺島拓篤って人は〜〜もおお〜〜!ってなりました。

 

◯アンコール

・眠るものたちへ

    おのゆーの歌い出しがあまりにイケボで、ざわめきが起こりました。いやもうまじでほんとにすんんんごいイケボでした。

    みっちゃんおじさん、ヒゲダンスしながらのご登場だったんですが、誰もツッコミ入れずにみんなも踊り出しちゃって、しびれを切らしたみっちゃんおじさんが「早く始めろ💢」って言ってみんなが爆笑するっていうくだりがあってですね、平和でした〜〜!

    打ち上げ花火あるって分かってても、花火はとっても綺麗でした…!花火が上がるときだけ、ステージ照明も落ちてた気がします。その瞬間はキャスト含めみんなで花火見てるの、夏の思い出にこれ以上なく相応しい…!

    みんなでの挨拶後、ホストメンバーだけ残って挨拶するのですが、下手行ったときに兄さんが「時間の都合で早く帰るみんなもありがとう!」っておっしゃって、他の3人も「気をつけて帰ってね!」って続いて、貴方は神かと思いました。最後まで観られない悔しさと申し訳なさを分かっていてくれるの、嬉しいですね…!

    この日も小野さんの最後の挨拶は生声でした。喉強いなあ(そこ)

 

◯終演後

    終電の関係で規制退場を待たずに出たのは、やや後ろめたかったです、ごめんなさい許してください。 電車もっと詰めれるんじゃ…って思いつつ、4時間のライブ後だからそれなりに余裕がないとしんどくなるかな…とも思いつつ。東京方面、高尾まで行けばどうにかなるなーって感じでした。

 

 

    以上、おれサマー2日目の感想でした。てらしーパートは別にまとめます。放送までに上げたい…!あっ、そうなんですよ! 今日(2017年8月26日)の19時30分からAbemaTVでおれサマー特別編集版の放送があるんですよ!!!楽しみですね!!!

夏の思い出〜おれサマー感想①

 

 気がつけば、おれサマーから1ヶ月が経っていましたね…時の流れが速すぎて身震いする…

   2017年7月15日・16日に富士急ハイランドコニファーフォレストで開催された、おれパラ 10th Anniversary~ORE!!SUMMER~に参戦して参りました。こちら、1日目の感想でございます。いつかまたおれサマーが開催されるときのために、行動メモなんかも残しておきます。フィルターかかりまくり自分用長文備忘録ですので、閲覧の際にはご注意ください。

 

 

〇開場前

 6時半にお宿を出て5時間弱並んでもラババンを手に入れられなかったことは少し後悔が残る点ですが、列に並んでいる間、気温・湿度共にさほど高くなく、日陰に入れている時間も多かったところが救いでした。ファストパス強かったなあ…物販待機列から絶叫マシーンに乗っているお客さんを見放題なところが面白かったです。

    同行した友人が物販列形成をしていたスタッフさんのことを「八木橋くん(に似てる)」と呼び始めたので、彼のことが八木橋くんにしか見えなくなって困りました※すごいどうでもいい情報

   遊園地エリアからコニファーに向かう橋の下のところにテントが出ていて、そこで食べた富士山アイス(上がミルクで下がソーダのやつ)が美味しかったです※どうでもいい情報その2

 この日は12時過ぎにコニファーフォレスト前に到着しました。その時点ではフードエリアもそこまで激混みという印象はなく、タコライスなんぞ食べて、場外トイレの向こう側の木陰でだらだらしておりました。

    ちなみに熱中症対策としてスポドリ500mlとお茶500mlを用意しました。日差しが強くなかったのが幸いして、十分足りる感じでした。

 

〇開場~開演

 入場口、1時間半で1万3千人を捌くにはやや心許ないスタッフさんの数でしたが、両日ともにほぼオンタイムで始められていたの本当に凄いと思います。スタッフの皆さんお疲れ様でした!

 場内にもドリンク販売所、トイレ、ごみ収集エリア、日除けテントや救護テントなどがあり、サポートの手厚さに感動すら覚えましたよね…!

 座席的には後方上手側だったので、直接ステージ全てが見える席ではなかったのですが、大スクリーンと花道のおかげでとても楽しめました。この日のパワーワード:ウダタカシ見切れ席

 開演前に出演アーティストのMV等が流れるのですが、途中で『せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ』なるドシュールなアニメが挟まれてから直後に revolve/寺島拓篤なの高低差がありすぎてしんどかったです…美少女魔法少女恐竜天使戦士(覚えた)

   ちなみにここのMVコーナーでROSAが流れる度に振り付けを確認する人が多数見られました。振り確認大事。

 

〇United Flag

 オープニングがUnited Flag!!!正直このときホストメンバーが何言ってたか全く覚えていません!ごめんなさい!それほどテンション上がってたんだね!!!

 

〇Dear Dream

・PLEASURE FLAG

 とにかく若さとキラキラアイドルめちゃっょぃ…まぶしい……って感じでした。きっと出演者の中でいちばんアウェイだったんじゃないかと思うのですが、一瞬で沼に落としにかかってらっしゃった。客席から陥落するうめき声が漏れておりました。お顔が良いって強い。

・MC
「日焼け止めは塗ったかァァァ!!!」

\イェェーイ!w/
「俺たちは塗ったぞォォオ!!!」

\イェェーイ!ww/

「SPF50ですッッッ!!!」

\イェェエーイ!www/

「やめて、そういうグループだと思われるから」

 このやりとりすごいかわいかったですね~!黄色の彼気になります、顔が整っているのになんの躊躇いもなくボケたり変顔したり奇行を繰り出す???好きしかなくないです???ちらっと調べたらアミューズの方でした…蘇るアミューズ沼の記憶……(人生で一番最初にハマった芸能人は三浦春馬さんという過去を持っています)

・真夏色ダイアリー

 タオルぶんっぶん回して一気に夏フェステンションぶち上がって楽しかったです!

・アフタートーク

 舞台袖に控えるホストメンバーがステージ終了後のゲストにインタビューするという形をとっていた今回のおれサマー。休憩時間を挟んでくれるこの優しさ…!

 赤の彼が途中で披露した煽り、「まだまだ行けますかぁ??!!」\行けるっショ!!!/を森久保兄さんにいじられる。兄さん曰く「〜ッショってつくとほっとけないのよ」

    爽やかで元気いっぱいなディアドリを好きになっちゃうおじさんたち、チョロかったっすね。
 先輩たちにつなげようと頑張りました!ってキラッキラの目でおっしゃるイケメンたちほんと眩しくて、まじで一気にファンになった人たくさんいたのではないでしょうか…!

 

豊永利行
   豊永さんは本当にずるい。歌い出せば圧倒的な歌唱力で観客の意識全てをかっさらっていくのに、トークがふわふわで何度客にかわいい〜って言われてんだっつー話ですよ!!!!!かわいいんじゃ!!!そしてセトリのエンターテイメント性がスゴイ(頭を抱える)

・C"LR"OWN
   とにかくカッコよくて痺れました…踊る33歳…色気…なのにこの後のダンサーさん紹介とかめちゃめちゃかわいいんですよ…勘弁してくれ…

・メッセージ
   頑張る姿見てる人は見てる、疲れたね頑張ったね、って歌詞がスーって胸に染み込んだのは豊永さんの言葉だったからだと思います。
   僕からの最後のメッセージ、ってすごくすごく優しい声と表情でした。

・僕の☆☆計画
   キラキラ計画とっても楽しかったフゥッ⤴︎⤴︎⤴︎カンパーイ!!!で曲が始まるのサイコーですね!夏フェス感満載でした!コーレスのノリが最高でした!タクシーで先に帰っちゃう矢野省吾くん、はちゃめちゃにかわいかったので、早くDVDください。

・アフタートーク

   おれパラホストに囲まれた時のとしくんの弟感大好物です。ニヤニヤしてしまいました。

 

羽多野渉

   渉くんが披露した曲、全てタイアップなんですよ、激強では???

 「暑いからちゃんとお水飲んでくださいね-!僕も飲みます!」っておっしゃってたのがもうなんか…天使かな…?

・You Only Live Once

 予想通りYOLOでスタートでした!爽やか!涼やか!渉くんってば白のヒラヒラが似合うイケメンなんですよ…好きです〜
   夏のYOLOも良いものでした。「You Only Live Once!」って大合唱できたの嬉しかったです。

・覚醒のAir運命のCoda

 聖水の件からのダンデビメドレー、相変わらずMCがお上手でいらっしゃる。ブチアガる以外の選択肢がご用意されておりませんでした。

   投げキッスご馳走様でした。来る…!って息を飲む客席とドヤ顔で投げキッスかます渉くん、需要と供給のバランスが素晴らしいですね(?)
・ハートシグナル

   小指を立てる振りがすんごくかわいかった…!実は初見だったのですが、とってもきゅんきゅんしました。ちゃんと聴き込んでクラップとかコールとかやりたかったな~って後悔。ごめんね渉くん。

・アフタートーク

   寺島拓篤さん、ここぞとばかりにしゃべるしゃべる。羽多野渉の表現の幅の広さやアーティスト活動の軸についてを、まー語る語る。そこに絆が見えるって兄さん方に言われちゃっておりました。かわいいネ。

 

〇2HEARTS

   存じ上げてなくて申し訳ないのですが、2HEARTSオリジナルメンバーなのかな、ギター飯塚さんとベースの方も参戦されていて、すごい盛り上がりでした。

   ちょいちょい乙女ゲーみたいな台詞挟んでくる森川さん流石でした…ヨッ!帝王!!!「大丈夫、俺らしか見てないから」この一言、糖度エグかったです。

・こころ咲き誇れ

・ギャンブラー!

・ALL MY LIFE

 ビールが似合う歌声なのとても分かる…おじパラではアルコール推奨かな…?おじパラ、楽しみに待っております。

・アフタートーク

   ボケにボケ重ねて収集つかなくなってて面白かったです(笑)まじで一言も会話に入ってこない寺島さんと小野さん(笑)

 

岩田光央

   この日イチの盛り上がり、みっちゃんおじさんの登場だったのではないかな~と思います。客席、声すごい出てるのに、やや緊張感があって。みっちゃんおじさんが話し始めるとシンッ…って静かになってみんな集中してて、客席の聴く姿勢が印象的でした。

 最前のお姉さんたちが「笑顔だぞ」って書いてあるTシャツ?を着てらして、それがスクリーンに抜かれたとき歓声が上がったりとか、新参者にはわからない、これまでにおれパラが歩んできた歴史とかみっちゃんおじさんが帰ってくるステージへの格別な思いがあるんだなあ、って。

 おれサマーの一番最初の発案者がみっちゃんおじさんだったなんて知りませんでした。おれパラ2016での小野さんの「おれサマーって響きが良いじゃん?(ドヤァ)」って発言が、みっちゃんおじさんのパクリだったことが判明する2017夏。

 みっちゃんおじさん、泣きそうな声なのに絶対に涙を見せないから、こっちが泣きそうになりました。

 トークでは考えさせられたり感動したりでうるうるしたのに、パフォーマンスはずーっと楽しかったです!!!でもやっぱり、泣いちゃっている人もいたようで、「メソメソしない!笑顔で楽しむイベント!」って言われちゃって、そこで逆に涙腺が崩壊です…

グラスホッパー

 いやあもうとにかく楽しい曲でした。疾走感がすごい!!!大腿二頭筋!!!

・ウェイクアップベイベェウェイクアップ!

 いろいろやるよ!って煽り好きです(笑)\ヘイベイベェウェイクアップ!/って言うの楽しかったなあ~~

・かわいいオシリ

 バンドメンバーが楽しそうで嬉しそうなことに、またグッときました。早くからお尻向けてスタンバってるマサキさんかわいいかよ、、、良いケツだよ、、、

 曲の終盤で現ホスト4人が出てきたのですが、おれパラ2013ロックオンでの演出の再現だと後で知って、うえええええ;;;ってなりました。ここの寺島拓篤さんがしぬほどかわいかったことについては前記事の通りなのでもう書きません。ほんっとにおれパラ好きだ。

 歌詞がまた良いんですよねええー!戻らないまぶしい青春、されど何度でも繰り返せる、みたいな感覚になります。

 

〇休憩

 大体30分ぐらい。初日は再開時刻を明確には伝えられず。わたしは座席から動かなかったのですが、トイレ混んでたみたいですね。場外に行った方が早かったとかなんとか…!個人的に面白かったのは、中学時代の部活の同期とまさかの再会を果たしたことです。しかも推し被ってた。めっちゃ笑いました。

 

〇buzz★Vibes

 休憩中、突如鳴り響く警告音、画面にはなんかカッコいいロゴ…一体???と思っていると森久保さんがご登場。サマーパーリィチューンサイコーでした。めっちゃぱりぴ。一番夏フェス感あった気がします。

   このときの兄さんのビジュアルがまじでドストライクで好きです。ほんとに43歳かよ、、、シンノスケさんのショルキーがまたカッコいいんじゃ、、、

 

鈴村健一

   鈴さんめっちゃ声出して楽しめる曲ばかりで、ほんと〜〜に最高でした〜!

・INTENTION

   ホストコーナーの出だしがINTENTIONなのやばくないですか?やばいです。鈴さんの伸びやかな歌声が野外で響くの、とても心地良かったです。INTENTION聴くと(社歌…)って思うのやめたいです。

SHIPS

   全然しんみりした曲じゃないのに泣きたくなる曲、それがSHIPSであります。声出すどころではなく叫びまくってめちゃめちゃ楽しいのに、心をぎゅーって掴まれてる感覚になります。好きです。SHIPSって、鈴さんと観客で気持ちと声の伝え合いバトル!みたいなところありますよね?

・あいうえおんがく
   イントロのハーイハーイハイハイハイ!で大きく〜小さく〜だんだん大きく〜〜!ってやるの感動しました。あの瞬間、「楽しい!」って感情に溢れてるのは自分だけじゃないんだな、って実感したからかもしれません。鈴さんがまたすげえ楽しそうでね…最高です

   初めてちゃんと聴いた鈴さんの曲が あいうえおんがく だったので、そういう意味でも聴けて嬉しかったです!とにかく上がる!!!

 

小野大輔

   小野大輔さんは小野大輔さんでした。スッゴイDワールド。「小野DのDはDear DreamのDです」

・ROSA~Blue Ocean~

   開演前とか休憩中にMVで振り確認したかいがありました。一曲目から踊る踊る〜!「ローザァ…」のとこの手を目の前で交差させる振りが好きです。前の席のDクラのお姉さまがサビ以外も振り完璧で素敵でした。

   そしてミカさんとサカナちゃん可愛すぎたんじゃ〜〜!!!花冠付けてる人のことこんなに可愛いって思ったの初めてです。可愛い。

   こういう振り、小野さんやっぱり踊り慣れてるなあって思いました。似合いすぎる。

熱烈Answer

   アンッサァ〜〜でもしょうがなァい♪でお馴染みの!これも踊りました楽しかった〜!サカナちゃんの腰のウェーブがすごいセクシーで見惚れました…!チームD出てるとチームDばっかり見てしまう、ごめん小野さん

   ディアドリちゃんや渉くんの投げキッスに客席が沸いてて、悔しくなっちゃって予定にない投げチュー飛ばしてくる小野さん〜〜!ごちそうさまです

・花火

 「おれサマーのために作ってもらいました」なんて、きゅんとさせること言うのずるくないですか~リーダーってば~!ちょっぴり切ないサマーチューンが似合うんじゃ~!終わりかけの青春、忘れていた透明な思い出、みたいな印象です。

 

寺島拓篤

・sunlight avenue

・ソラニ×メロディ

・スターテイル

 前記事で思いの丈を吐き出したので割愛とさせていただきますね。てらしー大好きだ。

preferenze.hatenablog.com

 

森久保祥太郎

・Let's get started

 てらしーの余韻で涙してたのにさ~~兄さんさ〜〜初っ端からフライングブイ(たぶん)(違ったらすみません)掻き鳴らしてすげえカッコいいもんだからさ〜〜ほんと泣いてる暇なくてさ〜〜大好きです。ランティスでの始まりの曲、最高にカッコよかったっす。

・Stand down

 アッこれは声出して心臓捧げねば命無いやつだ、、、と直感するイントロ。すんっごい楽しかったしアガったし、森久保祥太郎教の信者になるしか???って本気で考えました。兄さん死ぬほど色気振りまいてらした、、、思いっきりカメラ目線でサングラス外したり髪かきあげたりして煽って、気持ちよさそうですね!!??!最高です!!!って思ってました。今聴いてもはぁン…ってなる曲です。後遺症がえげつない。

・never ends...

 曲前MCで、兄さんがぽつんと言い放った「Magic Hourって言うんだって。」その一言と、澄んだグラデーションの夕焼け空を見つめる視線が忘れられません。

 これ以上にこの場に相応しい曲があるだろうか…いや無い…終わりたくないなあ、この光景を忘れたくないなあ、ってじわじわ広がる感動と少しの寂しさで胸がいっぱいでした。

 

〇アンコール

 4時間想定と言われていたおれサマー、この時点で4時間30分くらい経過していたので、アンコやるのか不安でしたが、ちゃんとありました。バンドメンバー紹介もあって良かったです。欲しがって煽るけんじさん好きです。

    アンコに関しては、本編終わって声出さない人がいるの気になるなって…思って…もちろんお疲れなのは分かるのですが、アンコールしないけど眠るのコーレスやりたい〜なんてそんな都合の良い話は無いと!思うんですよね!

   コールですが、「おれパラ!」なのか「おれサマ!」なのか迷いながらもみんなとりあえず声出してる感じ面白かったです。登場した小野さんが「おれサマコールありがと~」って仰ってたので、おそらく「おれサマ!」が正解だったんだな…

・眠るものたちへ

    恒例の眠るですが、最初にホスト4人が歌って、コーレスパートでゲストの皆さんが順番に出てくるという構成で、○○な人だけ!っていうお遊びは無しでした。

   上下の花道に来てくれるので、わちゃわちゃ感あって楽しかった〜〜!前記事にも書いたのですが、てらしーが上手花道に来てスクリーンに抜かれたとき、口パクで歌詞と違うことを言ったように見えたんですよねえ…「ありがとう」かな…見間違いだったらアレなんですけど…

    ここでもやっぱり、みっちゃんおじさんの登場は大盛り上がりでした!本家!

    眠るのあとはそれぞれ挨拶して、バンドメンバーやダンサーさんたちも呼び込んで、一列に並んで、いつも通りな感じで締めでした。

    正確なタイミング忘れてしまったけど、この辺りで花火がね、上がったんですよ。今まで見てきた花火の中で一番綺麗でした。記念日にサプライズプレゼントとか恋人かよ〜〜!

    最後にホストメンバーだけ残って小野さんが「ありがとうございました!」って言うの、野外の1万人規模の会場にもかかわらず、何の躊躇いもなく、地声でした。たまらなかったです。好きだ。

 

◯終演後

    8時過ぎに終演、からの規制退場でした。最初にABブロック(前の方)、そのあと1番エリア(出入り口近く)からという順番だったと思います。わたしはD17で、退場始まってから30分くらいは待機、ハイランド駅に着いたのが9時頃でした。駐車場を突っ切る道や狭い階段などもあり、退場はかなり大変でした。

    電車もバスもタクシーも激混みなので、ハイランド付近の宿を取るか迎えを呼んでおくかするのが良さそうです。 わたしたちは宿の方が車で迎えに来てくださって、とても助かりました。

 

   長々と書きましたが、1日目とにかく楽しかったです!!!2日目に続きます!!!

てらしーのこと〜おれサマー感想⓪

 

イェ〜〜イ君を〜好きでよかった〜〜っ!!!*1

 

   2017年7月15日、富士急ハイランドコニファーフォレストにて開催されたおれサマーに参加しました。

   こちら感想と銘打っておりますが、寺島拓篤さんのことが好き!寺島拓篤さんを好きになれて良かった!ただそれだけを書き連ねた駄文です。sunlight avenue出の永遠の新規なりに、愛だけは詰めたつもりです。

   後ほど、ちゃんとした(?)感想ブログを書きたいと思っております。

 

 

   ゲストパートのトリ、みっちゃんおじさんの出番の最後、現ホスト4人が出てきて、一緒にお尻ふったりして、はちゃめちゃにかわいかったです。歌い終わってから、みっちゃんおじさんがホストメンバーと順番にハグしてらして、最後がてらしーで。てらしー!ってみっちゃんおじさんが呼んだ声がマイクにのって、嬉しそうな笑顔でハグされに行くてらしーがいて。
   みっちゃんおじさん含め4人がトークをしているのを1人少しだけ離れた位置から眺めながら、「自分が好きだったおれパラが、今、目の前にある」ってとってもとっても嬉しそうに言うので、わたしも幸せでした。

 


   ホストパートの3番手、てらしーの1曲目は『sunlight avenue』でした。個人的に思い入れが強い曲なのでこの時点で半泣きでしたありがとうございます。まさか歌うと思ってなかったんだもん〜〜!
   薄っすらとオレンジがかった、澄んだ水色の夕暮れの空、その中で聴く『sunlight avenue』は、今まで感じていたキラキラ青春!のイメージに加えて、情緒がすごかったです。
   「君が見てきた景色ひとつずつ聞かせてよ」って歌詞がひどく心に突き刺さったんですけどなんでだろう……
   ステージの端から端までとにかくうごく寺島拓篤さん好きです。振り付けがある曲ですが、ダンサーさん無しだったこともあって、わりとフリーで動いていて、あ〜〜ちゃんと思い出せないのがもどかしいんですけど!とにかく好きでした!(語彙力の枯渇)

 

   2曲目が『ソラニ×メロディ』。すっごいジャンプ煽ってくるおじさん健在でした楽しかったです!「飛べ!」って言われると上がりますね〜!最後の最後、「Thank you, my dear」って歌詞がたまらなく好きです。


   屋外でのライブに似合う持ち歌あるかなって探して、時間と空の感じまで考えてセトリ組んだんだよ、ってバラしちゃうとこが愛おしいですよね。計算し尽くして組んだセトリって分かっていても、そこに紡がれたドラマに感動してしまいます。

 

   レーベルに所属してアーティスト活動をする意味の話、ランティス祭りでG.Addictとして立ったコニファーフォレストに今は1人で立っていること、音楽活動を通して関わった人々への感謝。いつだってなんだって真っ直ぐに伝えてくれる寺島さんが好きなんだよ〜〜!

   MCでのてらしーは霊峰富士って言いたがりでした(かわいい)霊峰富士にあやかりがち(かわいい)
   「次で最後の曲なんですけど、今ここから短い飛行機雲が見えていて、今から歌う曲を予見しているようです」(ニュアンス)って、ハァ〜〜ずるいですよね〜〜!それを抜くカメラさんも天才ですよね〜〜!というか総じてカメラさんが天才でしたね〜〜!大感謝ッ!

   

   そしてラストの曲は『スターテイル』エモさ全開にも程があるのでは!!??!、
   まだ沈み切らない太陽と、少し薄暗くなった客席に灯る黄色の光と、涼しくなってきた空気と。全てがこのステージを作ってるんだなと思えました。
   歌い始める前、手でフレームを作って、まるでこの景色を写真に収めているようなてらしーの仕草を見て、てらしーの心のアルバムの1ページになれたかなぁなんて。
   こんなにも感情が濃く熱量の大きい『スターテイル』を、てらしーのパフォーマンスを、わたしは知らなかったんだって思いました。
「届けスターテイル」ほんとにそのままで、ありったけの声で、全身全霊で伝えてくれてるんだなあって、あぁ好きだなって実感しました。

   

   今日のてらしーは、右手の小指(だった気がする)と左手の薬指と小指に指輪をつけていて、薬指の指輪は結婚指輪ではない違う指輪だったと思いますが、"そこに指輪があること"をどうしても意識してしまう自分がいて。でも、それが結婚指輪じゃなかった(多分)こととか、違う指にも指輪をはめていることとかに、いろいろ考えてしまって。

   高く掲げられた左手のアップが抜かれた時に、なんだろう、やっぱりこの人を応援していて良かったって思いました。てらしーの客席を見る目があまりにも優しくて、泣いてしまうかと思いました。

   歌が終わって、ハケきるぎりぎりのところ、照明も当たらない暗がりで、寺島さん、立ち止まってステージを向いて一礼、したんですよ。

   今日のステージに、この場所に、並々ならぬ思いがあったのだと、思わずにはいられなくて、ずっと泣くの我慢していたのに、まあ結局涙したんですけど!!!(ちなみにこの後すぐ兄さんの出番で泣く暇を与えてもらえませんでした)

 

   みっちゃんおじさんが帰ってくるステージ、ずっとゲストとしておれパラに関わっていて、入れ替わりでホストになったてらしーにとってどんな気持ちがそこにあったんだろうって、推測するのは無粋だけれど、考えずにはいられなくて困ります。

   ぶっちゃけ結婚発表から2週間経ってないわけで、てらしーに対しての気持ちがマイナスからスタートしてしまう人もいるはずで、てらしーを見る目だって多少は変わって。実はちょっと不安でした。
   でもてらしーは、今まで通り、いつも予想を超えたパフォーマンスで圧倒してくれる寺島拓篤、のままだったからついていくしかないなと。

   何が言いたいって、寺島拓篤さん大好きです!!!これからも応援させてください!!!ちなみに今日も参戦なので!楽しんで来ますね!!!

 

   p.s.本当に最後の最後、『眠るものたちへ』で上手に来たときに口パクで歌詞と違うことを歌ってたように見えたんですけど!あれはなんだったんですかね!!!好き!!!

 

*1:「バンザイ〜好きでよかった〜」ウルフルズ より

声優界の自担・寺島拓篤さんが結婚を発表した話

 

寺島拓篤さん 佐藤聡美さん 

ご結婚おめでとうございます!!!!!!

 

   今これ書いてるの7月6日時刻は午前4時をまわったところなんですけど!!!寝れねんだよ興奮して!!!*1

 

   寺島拓篤さんの魅力に気づいて、あっという間に大好きになってから、早いもので一年が経ちました。役者・アーティスト、そして何より声優としての寺島さんの多彩な表現に触れるたび、いつも感銘を受け、活力をもらっています。寺島さんのお仕事に対する姿勢からは、たくさんのことを学ばせていただきました。わたしにとって、寺島さんは本当に大好きで尊敬している人です。

 

   そんなてらしーが!クッソ可愛いさとーさとみさんと!*2結婚したって!こんなめでたいことが!他にあるだろうかいやない(反語)!!!

 

   もしも寺島さんが結婚したら、ショックで落ち込むかなって思ってたんです本当は。しかし今、自分でも不思議なくらい嬉しい気持ちでいっぱいで、めちゃくちゃ幸せで、出来ることなら森久保兄さんと共に祝杯を挙げたいくらいなんですけど!!!*3

   とは言え、ここまで素直にポジティブに受け入れられたのは、タイミングのおかげだったと思っております。

   美味しいものをしこたま食べて飲んで楽しくお喋りして帰宅して、心地よい疲労感に見舞われながら あ〜ユニゾン始まってるや〜 ってradiko起動したらちょうどオープニングトークの終わりあたりで、…?!?!! ってなりながらTwitter開いたらトレンドに「てらしー 結婚」って文字が踊ってたんですよね。その瞬間祭りが始まりましたよね脳内で。\わっしょいわっしょい/

   あとは、なんと言いますか、ユニゾン!を聴いていて、寺島さんがあまりにもいつも通りだったので、なんか安心しまして。
   ブログにも書かれていたしご自身もおっしゃっていましたが、声優としての寺島拓篤さんは変わらないんだと、今まで通りファンと向き合ってくれるんだと、実感しました。声優とファンの間にある特別な関係を愛と呼ぼうって宣言は、今も変わらないですもんね…!

 

   でもしっかり指輪は着けてくるところ!そういうのきゅんとくるのでたまには惚気てください!ナチュラルな奥さん呼びすごく良かったです!もっとください()

 

   最後になりますが

 

   寺島さんご自身の言葉で報告してもらえて本当にしあわせです、寺島さんのファンになることが出来て本当に本当に良かったです。

   お二人とも、ご結婚おめでとうございます。末長くお幸せに!そして、今後益々のご活躍を祈念して終わりの言葉とさせていただきます。

 

   てらしー、これからも大好きでいさせてください(大声)!!!

 

 

p.s. おれサマー楽しみにしてます

 

 

*1:引用元:V6長野くんの名言(『学校へ行こう! 修学旅行』にて)

*2:女性声優さんに疎いもので、こんな印象しかなくて申し訳ないです

*3:森久保祥太郎氏のTwitterをご参照ください

受け止めきれなかった話~『Defiled』感想

 

 2017年4月6日、青山DDDクロスシアターで『Defiled』を観てきました。ほんとうはもっと早くに感想をまとめたかったのですが、今回ばかりは難しすぎたというか、いつにもまして考えがまとまらず、こんなに日が空いてしまいました。感想にもならない感想文を残しておきます。ガッツリネタバレですのでお気をつけください。

 

 

 

 舞台は1960年代のアメリカ。コンピューターが図書目録に取って代わり、目録カードが廃棄されることに反対する元図書館員が、爆弾を持って図書館に立てこもる。その元図書館員・ハリーを演じるのが戸塚祥太さん。ハリーを説得するため派遣された刑事・ディッキーを演じるのは勝村政信さん。緊迫した雰囲気の二人芝居です。

 

 正直に言うと、ハリーの内面がまったく理解できませんでした。というか、ハリーの台詞が入ってこなくて。

 ハリーが捲し立てる台詞は、たとえ刑事さんとの会話の中での言葉であっても、途中まではほとんど独り言のように感じました。客席を回りながら本と図書館の歴史を語る長台詞、とっても好きだけれど、あれは誰かに届けたい言葉じゃなくて、なんというか、やっぱり独り言なんですよね。だから観客に響かない。

 

 一方で、刑事さんの台詞が尽く 客席に届いていた のは、ハリーの心にどうにか届けようとしていたからだと感じました。刑事さん、ふわふわしているように見えるのに全然そんなことはなく、しっかりした戦略を持ってハリーに接していて、でもそこに嘘はないんですよ。凄いなあと思いました。

 どんな小さな呟きも届く勝村さんのお芝居、すごく素敵でした…笑わせるシーンも真剣なシーンも全部、ほんとは刑事さんから目を離したくないほど(笑)

 「大切なのはそういう日常なんだよ!」という台詞は鬼気迫るものがありました。

 

 それにしても、生声って素晴らしいですよね(唐突)一列目や通路側の人、あの距離で戸塚さんのマイクを通さない演技の声を聴いてメンタルもつのかな、、、わたしだったらしんでる、、、とぼんやり考えるなどしました。

 

 終盤に近づくにつれ、刑事さんの焦燥感も感じられるんですが、それ以上にハリーが心を開き始めている感じがして。だからこそラストが切なかったです。

 ハリーが1人で館内に戻ったあと刑事さんからの電話を取るのは何故なのだろう、やっぱりハリーは寂しがり屋で話したがりのワガママ人間だったのかもしれない、刑事さんとまだ話していたかったのかも、ってずっと考えていますが、答えは出ません。

 目録カードを見た時点で新着図書のことを思いついたのなら、その場で言及すればいいはずです。それまでのハリーは思ったことを(瞬時に脳内で組み立て直しているのだろうけど)脳直で口に出しているタイプだったのに、急に戦略をとった意味が分かりませんでした。

 「ハリー馬鹿な真似はやめろ!!!ハリー!おい電話だ!」って刑事さんの声だけが響く空間が切なかった。

 

 ハッピーエンドじゃない予感はそこはかとなくしていたけれど、やっぱりか…という感じでした。後ろから撃たれてしまい、それでも息も絶え絶えに爆弾のスイッチを押すのだけれど、思ったように作用しなくて、「何がデジタルだよ」って皮肉めいた笑いを浮かべて、リモコンを投げたところで、爆発してしまう。誰も救われない何も報われない、だけどそれがハリーには相応しい、そんなラストでした。

 それにしても戸塚祥太さんは本当に「殺したくなる役者」なんだなって……何度目だよ…もっと言うとDTのまま死ぬの何度目だよ…死に役似合いすぎだよ…

 

 図書目録が無くなること、それ自体が問題なのではなくて、コンピューターの導入がどんどん進むことで身体性が失われることをハリーは嫌っていたのかな、と思いました。ハリーにとって図書目録を守ることは「聖戦」なわけだけれど、それは、そこに紐付く図書館の「命」を守りたかったのだろう、と。「図書館はもう死んでる」って台詞好きでした。

 冒頭の爆弾を設置するシーンで、怯えたような緊張しているような不安げな表情を見せながら、わざわざ靴を脱いで慎重に図書目録カードが入っている台に登っていたのに、途中でヒートアップしたときは何も気にせず飛び乗っていたのが印象的でした。

 

 一番好きなシーンは、刑事さんが奥さんのレシピファイルの話をしたときに、ハリーが突然優しい表情になったところです。ふわぁ~って表情が変わって。そこに居た人の息吹が感じられるもの、そこから得られる感覚の話、だったからでしょうか。

 目録カードをもとに刑事さんの思い出の本を探してきて、「図書目録と図書カードは違うものなんだよ」って微笑みながら差し出すシーンも好きです。ハリーは純粋に本が好きなんだって伝わってきました。かわいい。

 キャスター付きの椅子に座ったまま落ち着き無く動き回るあの感じ、分かりやすく籠城犯って感じで、サイコパス感がにじみ出てました。好きです。

 

 

 正直なところ、ここまで書いた今でも、舞台背景や登場人物の感情変化を含め、全体的に『Defiled』はわたしには受け止めきれない舞台だったな、と思っています。観ている人の能力が問われることが舞台の醍醐味のひとつだと考えているので、精進します…!

 今はただ、なんのアクシデントも無く千秋楽を迎えられるよう祈っております。